第62回京都市民読書会の概要が決まりましたのでご案内させていただきます。

今回取り上げる作品は、J.D.サリンジャー『ライ麦畑でつかまえて』(野崎孝訳/白水社)です。

インチキ野郎は大嫌い! おとなの儀礼的な処世術やまやかしに反発し、虚栄と悪の華に飾られた巨大な人工都市ニューヨークの街を、たったひとりでさまよいつづける16歳の少年の目に映じたものは何か? 病める高度文明社会への辛辣な批判を秘めて若い世代の共感を呼ぶ永遠のベストセラー。
(白水社のウェブサイトより)



クリスマス前の読書会ということで、ある少年のクリスマス・ストーリーを取り上げることにしました。
前回の読書会でミルハウザーかカルヴィーノを候補として挙げましたが、それはまた来年ということにしたいと思います。

『キャッチャー・イン・ザ・ライ』というタイトルで村上春樹による翻訳もあります。
参加者同士でページ数を合わせたいので野崎訳を推奨はしますが、すでに村上春樹訳でお持ちの方も多いでしょうし、村上春樹訳の方が入手か容易の場合もあるかと思いますので、指定はしません。

難解な文学論を熱烈に闘わせるような会ではないので、気楽にご参加下さい。「議論」よりも「会話」の会です。無理に発言を求めるということはありません。初参加、小説なんて普段読まないという方、大歓迎です!

京都市民読書会という名前ですが、京都市民「の」読書会ではなく、京都「の」市民読書会なので、京都市在住でない方もご参加いただけます。実際、参加者のほぼ半数が京都市外からの参加者です。
また、これまでの参加者も学生、仕事をしている人・していない人、12歳からから80代までと幅広いので、自分は場違いではないだろうかなどとためらわず気楽にいらっしゃってください。国籍も問いません。

参加希望者がかなり多くなることが予想されますので、参加をご希望される方はなるべく早くお申し込みください。
こちらで予定している定員に達し次第、参加申込受付を締め切らせていただきます。

たくさんの方のご参加をお待ちしております。


日時:12月18日(日)午後2時より
場所:京都市内のカフェ
予算:各自の飲食代+部屋代600円程度(高校生以下は部屋代不要)
参加方法:下記の京都・大阪市民読書会のメールアドレス宛に件名を「ライ麦畑読書会参加希望」として、次の2点を記してご連絡ください。
①読書会での呼び名(本名orニックーネーム・ハンドルネーム)
②京都府内在住か京都府外在住か
(例/はじめまして。読書会へ参加を希望します。①ゆたか②府外在住以上。)

京都・大阪市民読書会twitter: @KyotoBookClub 
京都・大阪市民読書会e-mail:japanbookclub@gmail.com
京都・大阪市民読書会blog:http://kyotobookclub.blog.fc2.com/
過去の課題本: http://kyotobookclub.blog.fc2.com/blog-entry-21.html

ご質問などはメールでお気軽にお問い合わせください。

【読書会の進め方について】

読書会の初めに自己紹介の時間を設けさせて頂きます。
ごく簡単にでかまいませんので「課題本の全体的な印象」と、もしありましたら「他の参加者に聞いてみたいこと」の二点をお話し下さい。
それを念頭に置いて、参加者全員で気になるところを具体的に取り上げながら作品を辿り直していき、最後にもう一度作品全体についてお話できたらと思います。
部分と全体を循環しながら一冊の本を「共に」読んでいくことは、「一人で」する読書とは違う面白さがあると思います。
作品の声を皆で共に丁寧に聴くことで、同じ作品を共有する他の人の声を聴くことのできる、「耳澄ます場」にしたいと思っています。

本が好きな方々と素敵なひとときを過ごせるのを楽しみにしています。

*本会は異業種交流会や婚活パーティーの類ではないので(それらを否定するつもりはありません)、本を離れて他の参加者のプライベートを詮索することはご遠慮ください。
*読書会内外でいわゆるヘイトスピーチとされる発言をする方の参加はお断りします。国籍や出身地・職業を問わず、誰もが安心して楽しく参加できる読書会にするためです。
*セクシャルハラスメントと(本人の意図はともかく)他人に解釈されうる言動については厳しく対応します。

京都・大阪市民読書会連絡担当 ゆたか



第61回京都市民読書会の概要が決まりましたのでご案内させていただきます。
(昨年の京都新聞に京都市民読書会の記事が掲載されました。よろしければご覧ください→ 記事


読書の秋、芸術の秋ですね!

今回取り上げる作品は、澤田瞳子『若冲』(文藝春秋)です。


jyakutyuu_201610022024562f0.jpg

奇才の画家・若冲が生涯挑んだものとは――

今年、生誕300年を迎え、益々注目される画人・伊藤若冲。緻密すぎる構図や大胆な題材、新たな手法で周囲を圧倒した天才は、いったい何ゆえにあれほど鮮麗で、奇抜な構図の作品を世に送り出したのか? デビュー作でいきなり中山義秀賞、次作で新田次郎賞を射止めた注目の作者・澤田瞳子は、そのバックグラウンドを残された作品と史実から丁寧に読み解いていく。
底知れぬ悩みと姿を見せぬ永遠の好敵手――当時の京の都の様子や、池大雅、円山応挙、与謝蕪村、谷文晁、市川君圭ら同時代に活躍した画師たちの生き様も交えつつ、次々に作品を生み出していった唯一無二の画師の生涯を徹底して描いた、芸術小説の白眉といえる傑作だ。

(文藝春秋HPより)



著者について

澤田瞳子ーー1977年、京都府生まれ。同志社大学文学部文化史学専攻卒業、同大学院博士課程前期修了。時代小説のアンソロジー編纂などを行い、2010年、『孤鷹の天』で小説家デビュー。11年、同作で第十七回中山義秀文学賞を最年少受賞。12年、『満つる月の如し仏師・定朝』で第二回本屋が選ぶ時代小説大賞、13年、第三十二回新田次郎文学賞受賞。

(amazonより)


今年は伊藤若冲生誕300周年ということで、京都では先日まで細見美術館で開かれていた展覧会をはじめ、様々な関連イベントが企画されています。これからある大きな展覧会としては、10月4日から12月4日まで京都市美術館で、12月13日から来年1月15日まで記念展覧会があります。また、若冲とゆかりの深い相国寺の承天閣美術館でも現在展覧会が開かれています(12月4日まで)。この特別な年に合わせて、若冲を題材として取り上げている作品を課題本とすることにしました。

難解な文学論を熱烈に闘わせるような会ではないので、気楽にご参加下さい。「議論」よりも「会話」の会です。無理に発言を求めるということはありません。初参加、小説なんて普段読まないという方、大歓迎です!

京都市民読書会という名前ですが、京都市民「の」読書会ではなく、京都「の」市民読書会なので、京都市在住でない方もご参加いただけます。実際、参加者のほぼ半数が京都市外からの参加者です。
また、これまでの参加者も学生、仕事をしている人・していない人、15歳からから80代までと幅広いので、自分は場違いではないだろうかなどとためらわず気楽にいらっしゃってください。国籍も問いません。

参加希望者がかなり多くなることが予想されますので、参加をご希望される方はなるべく早くお申し込みください。
こちらで予定している定員に達し次第、参加申込受付を締め切らせていただきます。

たくさんの方のご参加をお待ちしております。


q1.jpg

(先日の読書会の様子(一部)。参加者の許可を得て掲載します。)


日時:11月6日(日)午後2時より
場所:京都市内のカフェ
予算:各自の飲食代+部屋代500円程度(20歳以下は部屋代不要)
定員:20名
参加方法:下記の京都・大阪市民読書会のメールアドレス宛に件名を「若冲読書会参加希望」として、次の2点を記してご連絡ください。
①読書会での呼び名(本名orニックーネーム・ハンドルネーム)
②京都府内在住か京都府外在住か
(例/はじめまして。読書会へ参加を希望します。①ゆたか②府外在住以上。)

京都・大阪市民読書会twitter: @KyotoBookClub 
京都・大阪市民読書会e-mail:japanbookclub@gmail.com
京都・大阪市民読書会blog:http://kyotobookclub.blog.fc2.com/
過去の課題本: http://kyotobookclub.blog.fc2.com/blog-entry-21.html

ご質問などはメールでお気軽にお問い合わせください。

【読書会の進め方について】

読書会の初めに自己紹介の時間を設けさせて頂きます。
ごく簡単にでかまいませんので「課題本の全体的な印象」と、もしありましたら「他の参加者に聞いてみたいこと」の二点をお話し下さい。
それを念頭に置いて、参加者全員で気になるところを具体的に取り上げながら作品を辿り直していき、最後にもう一度作品全体についてお話できたらと思います。
部分と全体を循環しながら一冊の本を「共に」読んでいくことは、「一人で」する読書とは違う面白さがあると思います。
作品の声を皆で共に丁寧に聴くことで、同じ作品を共有する他の人の声を聴くことのできる、「耳澄ます場」にしたいと思っています。

本が好きな方々と素敵なひとときを過ごせるのを楽しみにしています。

*本会は異業種交流会や婚活パーティーの類ではないので(それらを否定するつもりはありません)、本を離れて他の参加者のプライベートを詮索することはご遠慮ください。
*読書会内外でいわゆるヘイトスピーチとされる発言をする方の参加はお断りします。
*セクシャルハラスメントと(本人の意図はともかく)他人に解釈されうる言動については厳しく対応します。

京都・大阪市民読書会連絡担当 ゆたか



第60回京都市民読書会の概要が決まりましたのでご案内させていただきます。
(昨年の京都新聞に京都市民読書会の記事が掲載されました。よろしければご覧ください→ 記事

今回取り上げる作品は、石牟礼道子『あやとりの記』(福音館文庫)です。

幼子と「魂のよい」ひとたちと、移ろいゆく自然と――。
もはや現代の古典といえる『苦海浄土』の著者が、有機水銀に侵され失われてしまった故郷のむかしを自伝的に描く、石牟礼文学の記念碑的一作。
幼子のみっちんは、火葬場の隠亡「岩殿」、〈あいさつのよい〉大男の孤児「ヒロム兄やん」、それにいつも懐に犬を入れた女乞食「犬の仔せっちゃん」など、この世のかたすみで生きているようなひとたち――それは、すでに「すこし神さまになりかけて」もいるひとたちなのですが――にみちびかれ、土地の霊たちと交わっていきます。話におかしみを添えるのは、筵の代りに三十畳もある〈うーぎんたま〉を貸してくれる古狸の「大寺のおんじょ」や、大廻りの塘のおぎんじょ(狐)といった動物たち。それらも神の側にいる「あの衆たち」です。
個人的体験を超えたこの世の神秘が、あたたかみある熊本方言でつづられる、人と自然との復権の書。

amazon内容紹介より)



この石牟礼道子読書会が開かれる9月には、NHKの番組「100分 de 名著」で石牟礼道子の『苦海浄土』が取り上げられる予定です。そちらも合わせて是非!

難解な文学論を熱烈に闘わせるような会ではないので、気楽にご参加下さい。「議論」よりも「会話」の会です。無理に発言を求めるということはありません。初参加、小説なんて普段読まないという方、大歓迎です!

京都市民読書会という名前ですが、京都市民「の」読書会ではなく、京都「の」市民読書会なので、京都市在住でない方もご参加いただけます。実際、参加者のほぼ半数が京都市外からの参加者です。
また、これまでの参加者も学生、仕事をしている人・していない人、15歳からから80代までと幅広いので、自分は場違いではないだろうかなどとためらわず気楽にいらっしゃってください。国籍も問いません。

参加希望者がかなり多くなることが予想されますので、参加をご希望される方はなるべく早くお申し込みください。
こちらで予定している定員に達し次第、参加申込受付を締め切らせていただきます。

たくさんの方のご参加をお待ちしております。

new_IMG_1076.jpg

(先日の読書会後に鴨川で行われた「夏に読む!」文学展示。参加者の許可を得て掲載します。)


日時:9月25日(日)午後2時より
場所:京都市内のカフェ
予算:各自の飲食代+部屋代500円程度(高校生以下は部屋代不要)
定員:20名
参加方法:下記の京都・大阪市民読書会のメールアドレス宛に件名を「『あやとりの記』読書会参加希望」として、次の2点を記してご連絡ください。
①読書会での呼び名(本名orニックーネーム・ハンドルネーム)
②京都府内在住か京都府外在住か
(例/はじめまして。読書会へ参加を希望します。①ゆたか②府外在住以上。)

京都・大阪市民読書会twitter: @KyotoBookClub 
京都・大阪市民読書会e-mail:japanbookclub@gmail.com
京都・大阪市民読書会blog:http://kyotobookclub.blog.fc2.com/
過去の課題本: http://kyotobookclub.blog.fc2.com/blog-entry-21.html

ご質問などはメールでお気軽にお問い合わせください。

【読書会の進め方について】

読書会の初めに自己紹介の時間を設けさせて頂きます。
ごく簡単にでかまいませんので「課題本の全体的な印象」と、もしありましたら「他の参加者に聞いてみたいこと」の二点をお話し下さい。
それを念頭に置いて、参加者全員で気になるところを具体的に取り上げながら作品を辿り直していき、最後にもう一度作品全体についてお話できたらと思います。
部分と全体を循環しながら一冊の本を「共に」読んでいくことは、「一人で」する読書とは違う面白さがあると思います。
作品の声を皆で共に丁寧に聴くことで、同じ作品を共有する他の人の声を聴くことのできる、「耳澄ます場」にしたいと思っています。

本が好きな方々と素敵なひとときを過ごせるのを楽しみにしています。

*本会は異業種交流会や婚活パーティーの類ではないので(それらを否定するつもりはありません)、本を離れて他の参加者のプライベートを詮索することはご遠慮ください。
*読書会内外でいわゆるヘイトスピーチとされる発言をする方の参加はお断りします。国籍や出身地・職業を問わず、誰もが安心して楽しく参加できる読書会にするためです。

京都・大阪市民読書会連絡担当 ゆたか



第59回京都市民読書会の概要が決まりましたのでご案内させていただきます。
(先日の京都新聞に京都市民読書会の記事が掲載されました。よろしければご覧ください→ 記事

今回取り上げる作品は、崔実(チェシル)『ジニのパズル』(講談社)です。

オレゴン州の高校を退学になりかけている女の子・ジニ。ホームステイ先でステファニーと出会ったことで、ジニは5年前の東京での出来事を告白し始める。

ジニは日本の小学校に通った後、中学から朝鮮学校に通うことになった。学校で一人だけ朝鮮語ができず、なかなか居場所が見つけられない。特に納得がいかないのは、教室で自分たちを見下ろす金親子の肖像画だ。

1998年の夏休み最後の日、テポドンが発射された。翌日、チマ・チョゴリ姿で町を歩いていたジニは、警察を名乗る男たちに取り囲まれ……。

二つの言語の間で必死に生き抜いた少女が、たった一人で起こした“革命”の物語。全選考委員の絶賛により第59回群像新人文学賞を受賞した、若き才能の圧倒的デビュー作!

(講談社HPより)



中島京子さんによる書評 http://style.nikkei.com/article/DGXKZO04659740Z00C16A7MY6001
岸政彦さんによる書評 http://gunzo.kodansha.co.jp/43087/46392.html

(*ヘイトスピーチとされる発言、セクハラ・差別的と(本人の意図はともかく)他人に解釈されうる発言をした人については、主催者の判断で、会の途中であっても退場を命じる、あるいは今後の参加をお断りする場合があります。)


難解な文学論を熱烈に闘わせるような会ではないので、気楽にご参加下さい。「議論」よりも「会話」の会です。無理に発言を求めるということはありません。初参加、小説なんて普段読まないという方、大歓迎です!

京都市民読書会という名前ですが、京都市民「の」読書会ではなく、京都「の」市民読書会なので、京都市在住でない方もご参加いただけます。実際、参加者のほぼ半数が京都市外からの参加者です。
また、これまでの参加者も学生、フリーター、主婦、会社員、15歳からから80代までと幅広いので、自分は場違いではないだろうかなどとためらわず気楽にいらっしゃってください。国籍も問いません。

参加希望者がかなり多くなることが予想されますので、参加をご希望される方はなるべく早くお申し込みください。
こちらで予定している定員に達し次第、参加申込受付を締め切らせていただきます。

たくさんの方のご参加をお待ちしております。

q1.jpg

(以前の読書会の様子。参加者の許可を得て掲載します。)


日時:8月21日(日)午後2時より
場所:京都市内のカフェ
予算:各自の飲食代+部屋代500円(高校生以下は部屋代不要)
定員:20名
参加方法:下記の京都・大阪市民読書会のメールアドレス宛に件名を「『ジニのパズル』読書会参加希望」として、次の3点を記してご連絡ください。
①読書会での呼び名(本名orニックーネーム・ハンドルネーム)
②京都府内在住か京都府外在住か
③セクハラ・差別(ヘイト)的と他人に解釈されうる言動をしないというお約束
(例/はじめまして。読書会へ参加を希望します。①ゆたか②府外在住③セクハラ・差別(ヘイト)的と他人に解釈されうる言動を決してしないことを誓います。以上。)

京都・大阪市民読書会twitter: @KyotoBookClub 
京都・大阪市民読書会e-mail:japanbookclub@gmail.com
京都・大阪市民読書会blog:http://kyotobookclub.blog.fc2.com/
過去の課題本: http://kyotobookclub.blog.fc2.com/blog-entry-21.html

ご質問などはメールでお気軽にお問い合わせください。

【読書会の進め方について】

読書会の初めに自己紹介の時間を設けさせて頂きます。
ごく簡単にでかまいませんので「課題本の全体的な印象」と、もしありましたら「他の参加者に聞いてみたいこと」の二点をお話し下さい。
それを念頭に置いて、参加者全員で気になるところを具体的に取り上げながら作品を辿り直していき、最後にもう一度作品全体についてお話できたらと思います。
部分と全体を循環しながら一冊の本を「共に」読んでいくことは、「一人で」する読書とは違う面白さがあると思います。
作品の声を皆で共に丁寧に聴くことで、同じ作品を共有する他の人の声を聴くことのできる、「耳澄ます場」にしたいと思っています。

本が好きな方々と素敵なひとときを過ごせるのを楽しみにしています。

*本会は異業種交流会や婚活パーティーの類ではないので(それらを否定するつもりはありません)、本を離れて他の参加者のプライベートを詮索することはご遠慮ください。
*読書会内外でいわゆるヘイトスピーチとされる発言をする方の参加はお断りします。国籍や出身地・職業を問わず、誰もが安心して楽しく参加できる読書会にするためです。

京都・大阪市民読書会連絡担当 ゆたか

(定員に達しましたので、この読書会への参加申し込みは締め切らせていただきました。)

第58回京都市民読書会の概要が決まりましたのでご案内させていただきます。
(先日の京都新聞に京都市民読書会の記事が掲載されました。よろしければご覧ください→ 記事

今回の課題本は、森見登美彦『聖なる怠け者の冒険』(第二回京都本大賞受賞作、朝日新聞出版)です。
宵山の一日に起こった物語ですので、宵山の日に読書会をしたいと思います。

一年ほど前からそいつは京都の街に現れた。虫喰い穴のあいた旧制高校のマントに身を包み、かわいい狸のお面をつけ、困っている人々を次々と助ける、その名は「ぽんぽこ仮面」。彼が跡継ぎに目をつけたのが、仕事が終われば独身寮で缶ビールを飲みながら「将来お嫁さんを持ったら実現したいことリスト」を改訂して夜更かしをすることが唯一の趣味である、社会人二年目の小和田君。当然、小和田君は必死に断るのだが…。宵山で賑やかな京都を舞台に、ここから果てしなく長い冒険が始まる。→ amazon



今回は、「偽」京都本大賞と題しまして、「京都に(何らかの意味で)関する本」を参加者に紹介していただきたいと考えています。フィクション・ノンフィクション問いません。一人3冊まで。「京都に関する本」の解釈は人それぞれですので、深海8千メートルの深海生物についての本だって、解釈次第では京都に関する本と言えなくもないということもないようなあるような・・・感じなので、自由に解釈してくださってかまいません。関係の「こじつけ」方に創意があれば楽しいのではないでしょうか。(詳細は後日改めてご連絡させていただく予定です。)

今回参加される方は、課題本以外の森見登美彦作品を一作品読んできていただくようお願いします。その方が森見登美彦の世界をより楽しめるかと思いますので。どれを読んだらいいのかわからないという方はとりあえず京都市民読書会で過去に取り上げた森見登美彦の作品を読んでみることをお勧めします。森見登美彦作品は全部読んでるよ、という方はべつに再読していただかなくてもかまいません。

難解な文学論を熱烈に闘わせるような会ではないので、気楽にご参加下さい。無理に発言を求めるということはありません。初参加、小説なんて普段読まないという方、大歓迎です!

京都市民読書会という名前ですが、京都市民「の」読書会ではなく、京都「の」市民読書会なので、京都市在住でない方もご参加いただけます。実際、参加者のほぼ半数が京都市外からの参加者です。
また、これまでの参加者も学生、フリーター、主婦、会社員、15歳からから80代までと幅広いので、自分は場違いではないだろうかなどとためらわず気楽にいらっしゃってください。

読書会後の宵山見物や二次会などの予定はありません。

参加希望者がかなり多くなることが予想されますので、参加をご希望される方はなるべく早くお申し込みください。
こちらで予定している定員に達し次第、参加申込受付を締め切らせていただきます。

たくさんの方のご参加をお待ちしております。

q1.jpg
(以前の読書会の様子。参加者の許可を得て掲載します。)

日時:7月16日(土)午後2時より(曜日・時間に注意!いつもと少し違います。)
場所:京都市内のカフェ
予算:各自の飲食代+部屋代500円(高校生以下は部屋代不要)
定員:20名(初参加者枠を最低5名分設けます)
参加方法:下記の京都・大阪市民読書会のメールアドレス宛に件名を「森見登美彦読書会参加希望」として、次の2点を記してご連絡ください。
①読書会での呼び名(本名orニックーネーム・ハンドルネーム)
②京都府内在住か京都府外在住か
(例/はじめまして。読書会へ参加を希望します。①ゆたか②府外在住、以上。)

京都・大阪市民読書会twitter: @KyotoBookClub 
京都・大阪市民読書会e-mail:japanbookclub@gmail.com
京都・大阪市民読書会blog:http://kyotobookclub.blog.fc2.com/
過去の課題本: http://kyotobookclub.blog.fc2.com/blog-entry-21.html

ご質問などはメールでお気軽にお問い合わせください。


【読書会の進め方について】

読書会の初めに自己紹介の時間を設けさせて頂きます。
ごく簡単にでかまいませんので「課題本の全体的な印象」と、もしありましたら「他の参加者に聞いてみたいこと」の二点をお話し下さい。
それを念頭に置いて、参加者全員で気になるところを具体的に取り上げながら作品を辿り直していき、最後にもう一度作品全体についてお話できたらと思います。
部分と全体を循環しながら一冊の本を「共に」読んでいくことは、「一人で」する読書とは違う面白さがあると思います。
作品の声を皆で共に丁寧に聴くことで、同じ作品を共有する他の人の声を聴くことのできる、「耳澄ます場」にしたいと思っています。

本が好きな方々と素敵なひとときを過ごせるのを楽しみにしています。

*本会は異業種交流会や婚活パーティーの類ではないので(それらを否定するつもりはありません)、本を離れて他の参加者のプライベートを詮索することはご遠慮ください。
*ハラスメント的な言動、あるいはそれと誤解されかねない言動は慎むようお願いします。
*読書会内外でいわゆるヘイトスピーチとされる発言をする方の参加はお断りします。国籍や出身地・職業を問わず、誰もが安心して楽しく参加できる読書会にするためです。

京都・大阪市民読書会連絡担当 ゆたか