第22回京都市民読書会の概要が決まりましたのでご案内させていただきます。

今回取り上げる作品は夏目漱石『三四郎』(新潮文庫)です。


「熊本の高等学校を卒業して、東京の大学に入学した小川三四郎は、見る物聞く物の総てが目新しい世界の中で、自由気儘な都会の女性里見美禰子に出会い、彼女に強く惹かれてゆく……。青春の一時期において誰もが経験する、学問、友情、恋愛への不安や戸惑いを、三四郎の恋愛から失恋に至る過程の中に描いて『それから』『門』に続く三部作の序曲をなす作品である。」(新潮社HPより)
http://www.amazon.co.jp/三四郎-新潮文庫-夏目-漱石/dp/4101010048

・日時:5月12日(日)午後2時より
・場所:京都市内のカフェ(詳細は後日参加予定者にお知らせします)
・予算:各自の飲食代のみ
・定員:8名程度(定員を超えた場合も基本的には参加を希望される方は受け入れています。ただ時間などの調整にご協力いただく可能性があります。)
・参加方法:下記の京都・大阪市民読書会のe-mailアドレス宛に件名「迷える子羊の読書会参加希望」で参加の旨ご連絡ください。

京都・大阪市民読書会のtwitter: @KyotoBookClub
京都・大阪市民読書会のtwitter: @KyotoBookClub 
京都・大阪市民読書会e-mail: japanbookclub@gmail.com
京都・大阪市民読書会mixi: http://mixi.jp/view_community.pl?id=5491188
京都・大阪市民読書会blog: http://kyotobookclub.blog.fc2.com/

読書会の流れは、まず最初に簡単に自己紹介していただき、その際に課題本についての全体的な印象と、他の参加者に聞いてみたいことの二点を、どんなことでもかまいませんので、一言二言お話していただこうと思います。そしてそれを念頭に置きながら、参加者全員で気になる部分を具体的に取り上げながら物語を辿り直していき、最後にもう一度、作品の全体についてお話できたらと思います。

しかし実際の読書会は、なかなかこの通りにはいかず、部分と全体を絶えず往復することになるかと思います。そういう風に一冊の本を「共に」読むことは、「一人で」読むこととはかなり違う経験で、それが読書会の面白いところだと思います。

初参加の方も、京都市民でない方も大歓迎です。年齢も問いません。
たくさんの方と、『三四郎』を共にできることを楽しみにしています。


*注意:本会は異業種交流会や婚活パーティーの類ではないので(それらを否定するつもりはありません)、本を離れて他の参加者のプライベートを詮索することはご遠慮ください。

恋する読書会へのお誘い

ドライブする読書会へのお誘い

comment iconコメント ( 86 )

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

名前: - [Edit] 2016-08-06 15:00

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

名前: - [Edit] 2016-07-31 04:17

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

名前: - [Edit] 2016-07-30 11:19

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

名前: - [Edit] 2016-07-23 02:53

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

名前: - [Edit] 2016-07-19 20:03

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

名前: - [Edit] 2016-07-17 06:32

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

名前: - [Edit] 2016-07-14 16:24

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

名前: - [Edit] 2015-10-04 18:05

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

名前: - [Edit] 2015-09-11 18:43

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

名前: - [Edit] 2015-06-21 18:19

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

名前: - [Edit] 2014-12-24 01:08

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

名前: - [Edit] 2014-12-19 23:31

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

名前: - [Edit] 2014-12-19 21:59

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

名前: - [Edit] 2014-10-10 14:35

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

名前: - [Edit] 2014-09-26 17:51

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

名前: - [Edit] 2014-09-05 14:50

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

名前: - [Edit] 2014-08-28 00:24

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

名前: - [Edit] 2014-08-02 11:19

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

名前: - [Edit] 2014-07-28 01:22

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

名前: - [Edit] 2014-07-25 03:30

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

名前: - [Edit] 2014-07-21 10:21

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

名前: - [Edit] 2014-07-21 05:48

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

名前: - [Edit] 2014-07-06 15:16

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

名前: - [Edit] 2014-07-04 08:15

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

名前: - [Edit] 2014-06-29 05:52

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

名前: - [Edit] 2014-06-27 09:03

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

名前: - [Edit] 2014-06-16 15:04

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

名前: - [Edit] 2014-05-15 13:34

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

名前: - [Edit] 2014-05-14 08:40

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

名前: - [Edit] 2014-05-13 21:52

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

名前: - [Edit] 2014-05-12 10:10

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

名前: - [Edit] 2014-05-12 00:00

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

名前: - [Edit] 2014-05-11 14:46

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

名前: - [Edit] 2014-05-08 13:02

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

名前: - [Edit] 2014-05-08 11:26

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

名前: - [Edit] 2014-05-07 08:37

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

名前: - [Edit] 2014-05-06 22:23

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

名前: - [Edit] 2014-05-06 22:00

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

名前: - [Edit] 2014-05-04 17:12

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

名前: - [Edit] 2014-05-03 20:41

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

名前: - [Edit] 2014-05-02 11:27

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

名前: - [Edit] 2014-04-28 03:49

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

名前: - [Edit] 2014-04-27 10:42

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

名前: - [Edit] 2014-04-24 06:54

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

名前: - [Edit] 2014-04-23 10:45

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

名前: - [Edit] 2014-04-21 05:04

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

名前: - [Edit] 2014-04-19 23:12

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

名前: - [Edit] 2014-04-19 13:16

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

名前: - [Edit] 2014-04-17 10:37

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

名前: - [Edit] 2014-04-16 21:19

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

名前: - [Edit] 2014-04-15 19:24

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

名前: - [Edit] 2014-04-14 17:30

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

名前: - [Edit] 2014-04-13 04:05

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

名前: - [Edit] 2014-04-10 21:57

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

名前: - [Edit] 2014-04-06 19:11

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

名前: - [Edit] 2014-03-23 16:52

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

名前: - [Edit] 2014-03-05 19:23

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

名前: - [Edit] 2014-03-05 18:59

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

名前: - [Edit] 2014-03-05 16:00

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

名前: - [Edit] 2014-03-05 15:39

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

名前: - [Edit] 2014-03-05 14:43

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

名前: - [Edit] 2014-03-05 11:20

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

名前: - [Edit] 2014-03-05 02:54

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

名前: - [Edit] 2014-03-04 23:26

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

名前: - [Edit] 2014-03-03 23:33

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

名前: - [Edit] 2014-03-03 23:18

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

名前: - [Edit] 2014-02-28 21:23

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

名前: - [Edit] 2014-02-28 00:11

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

名前: - [Edit] 2014-02-27 14:04

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

名前: - [Edit] 2014-02-27 05:26

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

名前: - [Edit] 2014-02-27 04:47

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

名前: - [Edit] 2014-02-27 02:20

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

名前: - [Edit] 2014-02-27 02:13

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

名前: - [Edit] 2014-02-26 07:41

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

名前: - [Edit] 2014-02-25 17:12

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

名前: - [Edit] 2014-02-25 09:59

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

名前: - [Edit] 2014-02-25 00:21

No title

木はただの葉を切っ食べられ死んでないかもしれません。 これはbagwormsは何をすべきかであり、それらはほとんどの木を殺していません。 木々の下に 黒のオブジェクトは、「これは虫が摂食されたときに排泄され、糞便材料であるbagwormsからである。 <a href=http://pumpkin.oops.jp/bihaku/gucci1.php>グッチ 財布 激安</a>
でこの活動を開始し、空の紙袋茶色や白のどちらかが動作します。 しわくちゃの紙が抜けないように、軽くだけしっかりと十分にパッキング、それをボリュームを与えるために引き裂かや丸めた新聞紙ページでそれを詰め込む。 アンパックバッグの数インチのままにしておきます。 <a href=http://www.350zcsl.com/kobun/gucci2.php>グッチ バッグ 激安</a>
私は、ICUでなく、プライバシーがありませんでした。 彼らはカテーテルを取り外した後、私は部屋の真ん中に便器におしっこしなければならなかった。 部分的にしか壁がありました。 <a href=http://www.cn-cl.com/form/gucci3.php>グッチ 財布 新作</a>
しかし、冷凍庫のスペースのかなりの量が存在しなければならない。 それはほとんどの野菜は非常にうまく機能し、ピーマンに期待。 熱い塩水の鍋で沸騰することにより、常に白く。 <a href=http://shizen-mura.jp/shop/gucci4.php>gucci 長財布</a>
私の母は彼女の医者を訪問するたびに、彼女は高血圧のためのいくつかを含む薬の完全な袋で帰宅。 彼女はちょうどトリックオアトリートされており、彼らがあれば、私はいつも彼女を求めるかのように彼女は見える もう少しいいもので彼女の袋をロード。 彼女の おやつは複雑なようで、利尿薬、β遮断薬、およびアンジオテンシン変換阻害剤は、医学用語が得ることができるように威圧的ように思える。 私の母は、多くの場合、後味や他の副作用不満、忠実に薬を取ります。 <a href=http://kk-aoyama.co.jp/image/gucci5.php>グッチ バッグ</a>

名前: Alfredosog [Edit] 2014-01-16 19:09

nrvvmwv@gmail.com

そのため、お買い得なため、これらのハンドバッグを見つけることが体験する消費者にある華麗な資産である。</span>。グッチ開発永遠にジャッキーを最大化する、ご希望の場合は見てのオンラインを驚かせたことはありませんし、ジャッキー、幻想的な 80 年代ことはかなり異なることを学んだので、特に観察する他ないこの三つまでトレーナー スタイルが最もは、ローカルのグッチ店品質自分専用のお気に入り。
グッチ キーケース http://www.sonnhalde.at/english/Gucci-wallet-accessory-c-503.html

名前: グッチ キーケース [Edit] 2014-01-15 13:09

yxiuha@gmail.com

休憩の方向の内側特定されている究極の方法は、環境に優しい (はるかには、次に多く) を測定するためにほとんど常に。しかし、休日のルートを正しく検出できることができる 50 話だけ取り組んでいます。しかし、どのようにこれらのタイプを行うには?マスターはスタート·散歩スプレー処理下向きである方法を与え、経験の浅い言えば十分お勧めします。または、環境に配慮したフェアウェイの内側歩いていてもスロープで実際の見かけの方向を観察する必要があります。適切に、これは、イベントの中にブレークが視覚的に正確に巧みでなければならない動作 - 明白ですし、大量、湿地、低木、エトセトラを取り巻く混乱滞在そのコースを意味します。
グッチ アウトレット http://www.osteopathie-heilpraktiker.com/counter/Gucci-bag-c-502.html

名前: グッチ アウトレット [Edit] 2014-01-08 22:23

chaussure christian louboutin-christian louboutin pas cher-louboutin pas cher femme

SoftballGreater Spokane de la Ligue: Erin Fredrick radiation de cinq ans et a lancГ© trois frappeur que la visite de Valley East a enregistrГ© une victoire 4 0 sur Lewis et Clark (1 10, 1 10) Г  Hart Field. <a href=http://www.priyafoods.com/louboutin08.html>red bottom heels</a> Tiffany Bittner ramassГ© une paire de coups sГ»rs et a marquГ© une fois pour les chevaliers (4 8, 4 8), et son coГ©quipier Echo Abrahamson a ajoutГ© un triple RBI dans la deuxiГЁme manche. Aujourd'hui, avec une ardoise lourde: Central Valley au Mont.
Se dГ©roulant durant la dГ©pression, c'est l'histoire d'une comГ©die musicale dans les coulisses de la doublure qui obtient finalement une chance de <a href=http://www.snam.co.in/clfr09.html>louboutin soldes</a> briller. Il peut sembler un peu clichГ© maintenant, mais en 1933 c'Г©tait hot stuff. Tout ce que derriГЁre l'atmosphГЁre des scГЁnes se sent trГЁs authentique, et le script est plus acerbe que vous pourriez vous attendre ..
Ce n'est pas tout <a href=http://www.globecraft.com/clfr06.html>escarpins louboutin</a> simplement de mauvaises nouvelles pour nous, les consommateurs, cependant. Regardez le revers de cette situation. Si Joe The New Guy est affecté à changer les freins sur la Camaro, et il lui faut quatre heures en raison de son manque d'expérience, ce n'est pas grave. Prince Caspian joue un prince qui a entendu les histoires merveilleuses de Narnia de son tuteur toute sa vie et pensait qu'ils étaient des légendes. Puis, quand son oncle essaie de l'assassiner, il prend la fuite. Quand il est attaqué par des gardes dans la forêt et vient accidentellement à travers certains menaçant Narnians regarder il souffle un klaxon son tuteur lui avait donné de convoquer les rois et les reines de la vieille.

名前: html49b9 [Edit] 2014-01-07 05:24

ppfobikxsqy@diseh.com

celine1bags*@gmail.com

“Go, my dear boy, go by all means!” Anna Andreyevna urged me anxiously. “Have just a cup of tea as soon as he comes back. . . . Ach, they haven’t brought the samovar! Matryona Why are you so long with samovar? She’s a saucy baggage! . . . Then when you’ve drunk your tea, find some good excuse and get away. But be sure to come tomorrow and tell me everything. And run round early! Good heavens! Something dreadful may have happened already! Though how could things be worse than they are, when you come to think of it! Why, Nikolay Sergeyitch knows everything, my heart tells me he does. I hear a great deal through Matryona, and she through Agasha, and Agasha is the god-daughter of Marya Vassilyevna, who lives in the prince’s house . . . but there, you know all that. My Nikolay was terribly angry today. I tried to say one thing and another and he almost shouted at me. And then he seemed sorry, said he was short of money. Just as though he’d been making an outcry about money. You know our circumstances. After dinner he went to have a nap. I peeped at him through the chink (there’s a chink in the door he doesn’t know of). And he, poor dear, was on his knees, praying before the shrine. I felt my legs give way under me when I saw it. He didn’t sleep, and he had no tea; he took up his hat and went out. He went out at five o’clock. I didn’t dare question him: he’d have shouted at me. He’s taken to shouting — generally at Matryona, but sometimes at me. And when he starts it makes my legs go numb, and there’s a sinking at my heart. Of course it’s foolishness, I know it’s his foolishness, but still it frightens me. I prayed for a whole hour after he went out that God would send him some good thought. Where is her note? Show it me!”
コーチ アウトレット 店舗 http://www.candoweb.jp/img/coach4.php?product_id=468

名前: コーチ アウトレット 店舗 [Edit] 2013-12-24 02:07

ppfobikxsqy@diseh.com

ehcwxk@163.com

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)