第50回京都市民読書会の概要が決まりましたのでご案内させていただきます。
(先日の京都新聞に京都市民読書会の記事が掲載されました。よろしければご覧ください→ 記事

記念すべき第50回に取り上げる作品は、
庄司薫『赤頭巾ちゃん気をつけて』(新潮文庫)です。

学生運動の煽りを受け、東大入試が中止になるという災難に見舞われた日比谷高校三年の薫くん。そのうえ愛犬が死に、幼馴染の由美と絶交し、踏んだり蹴ったりの一日がスタートするが―。真の知性とは何か。戦後民主主義はどこまで到達できるのか。青年の眼で、現代日本に通底する価値観の揺らぎを直視し、今なお斬新な文体による青春小説の最高傑作。「あわや半世紀のあとがき」収録。
(新潮社HPより)


これは戦いの小説である。あえてもっと言えば、知性のための戦いの。
(苅部直による文庫解説より)



「今」こそ読みたい一冊を選びました(本当に「今」こそ読みたいから大文字で強調しておきます)。

「赤頭巾ちゃん気をつけて」なんてゆるふわなタイトルをつけて、村上春樹の文体の先駆と言うべき軽く柔らかい文体で(あるいはサリンジャーの真似?)、饒舌に喋りまくる薫くんですが、彼が言葉を尽くして求めたのは何だったのでしょうか。

ある年代以上の方はかなり知っている作品ですが、意外と若い人には知られていない作品かもしれません(若い人にこそ読んでほしい!)。TV番組の「アメトーク」の企画「読書芸人」で今をときめく又吉直樹さんがオススメ本として紹介したそうですが、それをきっかけに読んだという方もけっこういるのではないでしょうか。

1968年と2015年、約半世紀の距離があります。1968年を通して2015年の「今」(と「今」の自分)を考え、2015年の「今」(と「今」の自分)を通して1968年を振り返る。そういう機会になれば面白いなと思っています。

難解な文学論を熱烈に闘わせるような会ではないので、気楽にご参加下さい。無理に発言を求めるということはありません。初参加、小説なんて普段読まないという方、大歓迎です!

京都市民読書会という名前ですが、京都市民「の」読書会ではなく、京都「の」市民読書会なので、京都市在住でない方もご参加いただけます。実際、参加者のほぼ半数が京都市外からの参加者です。
また、これまでの参加者も学生、ニート、フリーター、病気療養中、主婦、会社員、15歳からから80代までと幅広いので、自分は場違いではないだろうかなどとためらわず気楽にいらっしゃってください。

参加希望者がかなり多くなることが予想されますので、参加をご希望される方はなるべく早くお申し込みください。
こちらで予定している定員に達し次第、参加申込受付を締め切らせていただきます。

たくさんの方のご参加をお待ちしております。


q1.jpg

(以前の読書会の様子。参加者の許可を得て、参加者の一部を撮影したものを載せさせていただきます。)


日時:11月8日(日)午後2時より(2部制にする場合は午前10時と午後2時より)
場所:京都市内のカフェ
予算:各自の飲食代のみ(場所を貸切にする場合は別途場所代500円程度いただく可能性があります。高校生以下は場所代不要。)
定員:最大で30〜40名。参加希望者が多くなった場合は、午前にもう一枠設けてそちらでの参加をお願いする場合があります。
参加方法:下記の京都・大阪市民読書会のメールアドレス宛に件名を「庄司薫『赤頭巾ちゃん気をつけて』読書会参加希望」として、次の3点を記してご連絡ください。
①読書会での呼び名(本名orニックーネーム・ハンドルネーム)
②京都府内在住か京都府外在住か
③午前の部に回る可能性があっても構わないかどうか。
(例/はじめまして。読書会へ参加を希望します。①ゆたか②府外在住③午前でも可、以上。)

京都・大阪市民読書会twitter: @KyotoBookClub 
京都・大阪市民読書会e-mail:japanbookclub@gmail.com
京都・大阪市民読書会blog: http://kyotobookclub.blog.fc2.com/
過去の課題本: http://kyotobookclub.blog.fc2.com/blog-entry-21.html

ご質問などはメールでお気軽にお問い合わせください。

【読書会の進め方について】

読書会の初めに自己紹介の時間を設けさせて頂きます。
ごく簡単にでかまいませんので「課題本の全体的な印象」と、もしありましたら「他の参加者に聞いてみたいこと」の二点をお話し下さい。
それを念頭に置いて、参加者全員で気になるところを具体的に取り上げながら作品を辿り直していき、最後にもう一度作品全体についてお話できたらと思います。
部分と全体を循環しながら一冊の本を「共に」読んでいくことは、「一人で」する読書とは違う面白さがあると思います。
作品の声を皆で共に丁寧に聴くことで、同じ作品を共有する他の人の声を聴くことのできる、「耳澄ます場」にしたいと思っています。

本が好きな方々と素敵なひとときを過ごせるのを楽しみにしています。


*本会は異業種交流会や婚活パーティーの類ではないので(それらを否定するつもりはありません)、本を離れて他の参加者のプライベートを詮索することはご遠慮ください。
*読書会内外でいわゆるヘイトスピーチとされる発言をする方の参加はお断りします。国籍や出身地・職業を問わず、誰もが安心して楽しく参加できる読書会にするためです。
*車椅子をご使用の方は参加前にご相談ください。車椅子の方もご参加いただけるよう調整します。

京都・大阪市民読書会連絡担当 ゆたか

京都・大阪市民読書会開催履歴

京都新聞に記事が京都市民読書会の掲載されました

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)