こんばんは。

第39回京都市民読書会の概要が決まりましたのでご案内させていただきます。
西加奈子『通天閣』読書会(2月15日)の参加者も募集中です。
http://kyotobookclub.blog.fc2.com/blog-entry-45.html

さて、今回取り上げる作品は、
アゴタ・クリストフ『悪童日記』(堀茂樹訳、ハヤカワepi文庫)です。

大阪市民読書会の方で一度取り上げたことのある作品ですが、今年の読書会テーマの一つである「はじめての海外文学」に相応しい作品であることと、昨年映画化されたということもあり、京都市民読書会でも課題本として取り上げることにしました。

戦争が激しさを増し、双子の「ぼくら」は、小さな町に住むおばあちゃんのもとへ疎開した。その日から、ぼくらの過酷な日々が始まった。人間の醜さや哀しさ、世の不条理―非情な現実を目にするたびに、ぼくらはそれを克明に日記にしるす。戦争が暗い影を落とすなか、ぼくらはしたたかに生き抜いていく。人間の真実をえぐる圧倒的筆力で読書界に感動の嵐を巻き起こした、ハンガリー生まれの女性亡命作家の衝撃の処女作。(文庫裏表紙より)



映画の予告編→ https://www.youtube.com/watch?v=GG2Ay13J9TQ

たくさんの方のご参加をお待ちしております。


日時:3月1日(日)午後2時より(午前の部がある場合は午前10時より)
場所:京都市内のカフェ
予算:各自の飲食代のみ(お店を貸切にする場合は別途場所代500円程度いただく可能性があります。高校生以下は場所代不要。)
定員:20名。但し、参加希望者が多くなった場合は、午前にもう一枠設けてそちらでの参加をお願いする場合があります。午前の部が開かれるか否かについては読書会の一週間前に申し込みしていただくか、お問い合わせしていただいた方にご連絡させていただきます。
参加方法:下記の京都・大阪市民読書会のメールアドレス宛に件名を「『悪童日記』読書会参加希望」として、次の3点を記してご連絡ください。
①読書会での呼び名(本名orニックーネーム・ハンドルネーム)
②京都府内在住か京都府外在住か
③午前の部に回る可能性があっても構わないかどうか。
(例/①ゆたか②府外在住③午前でも可)

京都・大阪市民読書会twitter: @KyotoBookClub 
京都・大阪市民読書会e-mail:japanbookclub@gmail.com
京都・大阪市民読書会blog: http://kyotobookclub.blog.fc2.com/
過去の課題本: http://kyotobookclub.blog.fc2.com/blog-entry-21.html

ご質問などはメールでお気軽にお問い合わせください。

unnamed_20141218225623a69.jpg


【読書会の進め方について】

読書会の初めに自己紹介の時間を設けさせて頂きます。
ごく簡単にでかまいませんので「課題本の全体的な印象」と、もしありましたら「他の参加者に聞いてみたいこと」の二点をお話し下さい。
それを念頭に置いて、参加者全員で気になるところを具体的に取り上げながら作品を辿り直していき、最後にもう一度作品全体についてお話できたらと思います。
部分と全体を往復しながら一冊の本を「共に」読んでいくことは、「一人で」する読書とは違う面白さがあると思います。
作品の声を皆で共に丁寧に聴くことで、同じ作品を共有する他の人の声を聴くことのできる、「耳澄ます場」にしたいと思っています。

初参加の方も京都市民でない方も大歓迎です(毎回初参加の方も京都府外の方も多いです)。年齢も問いません。
これまでの参加者も学生から主婦、会社員、15歳からから60代までと幅広いので、自分は場違いではないだろうかなどとためらわず気楽にいらっしゃってください。

本が好きな方々と素敵なひとときを過ごせるのを楽しみにしています。

*本会は異業種交流会や婚活パーティーの類ではないので(それらを否定するつもりはありません)、本を離れて他の参加者のプライベートを詮索することはご遠慮ください。
*読書会内外でいわゆるヘイトスピーチとされる発言をする方の参加はお断りします。国籍や出身地・職業を問わず、誰もが安心して楽しく参加できる読書会にするためです。


京都・大阪市民読書会連絡担当 ゆたか

『亡命ロシア料理』読書会へのお誘い

【祝・直木賞】受賞西加奈子『通天閣』読書会へのお誘い

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)