こんばんは。

第22回大阪市民読書会の概要が決まりましたのでご案内させていただきます。
京都市民読書会のアラン・ベネット『やんごとなき読者』読書会(2月1日)の参加者も募集中です。
http://kyotobookclub.blog.fc2.com/blog-entry-44.html

今回取り上げる作品は、今月の15日に西加奈子さんが直木賞を受賞されたことを記念して、
西加奈子『通天閣』(ちくま文庫)を課題本として取り上げたいと思います。

『さくら』で彗星のように華やかなデビューを飾った西加奈子の第4作にあたる長編小説。冬の大阪ミナミの町を舞台にして、若々しく勢いのある文体で、人情の機微がていねいに描かれていく。天性の物語作者ならではの語り口に、最初から最後までグイグイと引き込まれるように読み進み、クライマックスでは深い感動が訪れる。このしょーもない世の中に、救いようのない人生に、ささやかだけど暖かい灯をともす絶望と再生の物語。この作品で第24回織田作之助賞を受賞している。
(文庫裏表紙より)


どうしようもない人々が醸し出す、得体の知れないエネルギーが溢れている大阪ミナミ。社会の底辺でうごめく人々の愚かなる振る舞いや、おかしな言動が町を彩っている。主人公は、夢を失いつつ町工場で働く中年男と恋人に見捨てられそうになりながらスナックで働く若い女。八方ふさがりに見える二人は、周りの喧噪をよそに、さらに追い込まれていく。ところが、冬のある夜、通天閣を舞台に起こった大騒動が二人の運命を変えることに…。
(筑摩書房HPより)


大阪に大変所縁のある作家さんなので京都市民読書会ではなく大阪市民読書会の方ですることにしました。

たくさんの方のご参加をお待ちしております。


日時2月15日(日)午後2時より(午前の部がある場合は午前10時より)
場所:大阪市内のカフェ
予算:各自の飲食代のみ
定員:15名程度。定員を超えても参加をお断りすることは基本的にありません。但し、参加希望者が定員を大幅に超過する場合は、午前にもう一枠設けてそちらでの参加をお願いする場合がありますので調整にご協力ください。
参加方法:下記の京都・大阪市民読書会のメールアドレス宛に件名を「西加奈子読書会参加希望」として、次の三点を記してご連絡ください。
①読書会での呼び名(本名かニックーネーム・ハンドルネーム)
②大阪府内在住か大阪府外在住か
③午前の部に回る可能性があっても構わないかどうか。
(例/①ゆたか②府外在住③午前でも可)

京都・大阪市民読書会twitter: @KyotoBookClub 
京都・大阪市民読書会e-mail:japanbookclub@gmail.com
京都・大阪市民読書会blog: http://kyotobookclub.blog.fc2.com/
過去の課題本: http://kyotobookclub.blog.fc2.com/blog-entry-21.html

ご質問などはメールでお気軽にお問い合わせください。

unnamed_20141218225623a69.jpg
(前回の読書会の様子。参加者の許可を得て掲載します。)

【読書会の進め方について】

読書会の初めに自己紹介の時間を設けさせて頂きます。
ごく簡単にでかまいませんので「課題本の全体的な印象」と、もしありましたら「他の参加者に聞いてみたいこと」の二点をお話し下さい。
それを念頭に置いて、参加者全員で気になるところを具体的に取り上げながら作品を辿り直していき、最後にもう一度作品全体についてお話できたらと思います。
部分と全体を往復しながら一冊の本を「共に」読んでいくことは、「一人で」する読書とは違う面白さがあると思います。
作品の声を皆で共に丁寧に聴くことで、同じ作品を共有する他の人の声を聴くことのできる、「耳澄ます場」にしたいと思っています。

初参加の方も京都市民でない方も大歓迎です(毎回初参加の方も京都府外の方も多いです)。年齢も問いません。
これまでの参加者も学生から主婦、会社員、15歳からから60代までと幅広いので、自分は場違いではないだろうかなどとためらわず気楽にいらっしゃってください。

本が好きな方々と素敵なひとときを過ごせるのを楽しみにしています。

*本会は異業種交流会や婚活パーティーの類ではないので(それらを否定するつもりはありません)、本を離れて他の参加者のプライベートを詮索することはご遠慮ください。
*読書会内外でいわゆるヘイトスピーチとされる発言をする方の参加はお断りします。国籍や出身地・職業を問わず、誰もが安心して楽しく参加できる読書会にするためです。


京都・大阪市民読書会連絡担当 ゆたか

アゴタ・クリストフ『悪童日記』読書会へのお誘い

アラン・ベネット『やんごとなき読者』読書会へのお誘い

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。