第19回大阪市民読書会の概要が決まりましたのでご案内させていただきます。


今回取り上げる作品はトーベ・ヤンソン『誠実な詐欺師』(ちくま文庫)です。

「雪に埋もれた海辺に佇む「兎屋敷」と、そこに住む、ヤンソン自身を思わせる老女性画家。彼女に対し、従順な犬をつれた風変わりなひとりの娘がめぐらす長いたくらみ。しかし、その「誠実な詐欺」は、思惑とは違う結果を生み…。ポスト・ムーミンの作品の中でもNo.1の傑作として名高い長編が、徹底的な改訳により、あざやかに新登場。」(文庫裏表紙より)

一般にはムーミンの生みの親として知られているフィンランドの作家トーベ・ヤンソンは、今年の8月9日に生誕100周年を迎えます。彼女の100歳の誕生日を記念して彼女の作品を取り上げて読書会を開きたいと思います。
課題本にはあえてムーミンシリーズ以外の作品を選びましたが、読書会ではムーミンについてもお話しできたら愉しいかと思います。

たくさんの方々とこの作品を共にすることを楽しみにしています。

・日時:8月9日(土)午後1時半より
・場所:大阪市内のカフェ
・予算:各自の飲食代のみ
・定員:12名程度
(定員を超えた場合は申し込みを締め切らせて頂くか、午前・午後の二部に分けて開催させて頂きます。そのため時間調整などをお願いすることがあるかもしれませんが、ご協力よろしくお願いします)
・参加方法:下記の京都・大阪市民読書会のメールアドレス宛に件名を「トーベ・ヤンソンの誕生会参加希望」として参加の旨ご連絡ください。必要事項はお名前だけです。本名でもニックネームでもかまいません。読書会の連絡や当日お呼びするのに都合のいいお名前をお知らせ下さい(私は読書会では「ゆたか」と名乗っています)。

京都・大阪市民読書会twitter: @KyotoBookClub 
京都・大阪市民読書会e-mail: japanbookclub@gmail.com
京都・大阪市民読書会blog: http://kyotobookclub.blog.fc2.com/

ご質問などありましたらメールでお気軽にお問い合わせください。

読書会当日は初めに自己紹介の時間を設けさせて頂きますので、そこで簡単な自己紹介に加えて(名刺代わりの本の紹介歓迎します)、「課題本の全体的な印象、特に気に入った作品」と「他の参加者に聞いてみたいこと」の二点をお話し下さい。それを念頭において参加者全員で気になるところを具体的に取り上げながら作品を辿り直していき、最後にもう一度作品全体についてお話できたらと思います。

部分と全体を往復しながら一冊の本を「共に」読んでいく作業は一人で読むこととはまったく違った経験で、そんな風に一冊の本を誰かと共有できるのが読書会の面白さだと思います。
本読書会では、本と読書会参加者の「声を聴く」ということを大切にしたいと思っています。

初参加の方も大阪市民でない方も大歓迎です。年齢も問いません。
これまでの参加者も高校生から主婦、会社員、15歳からから60代までと幅広いので、自分は場違いではないだろうかなどとためらわず気楽にいらっしゃってください。
読書会について何かわからないことなどありましたら、お気軽にお問い合わせください。

本が好きな方々と素敵なひとときを過ごせるのを楽しみにしています。

* 本会は異業種交流会や婚活パーティーの類ではないので(それらを否定するつもりはありません)、本を離れて他の参加者のプライベートを詮索することはご遠慮ください。
* 二次会などは予定しておりません。

京都・大阪市民読書会連絡担当 ゆたか

川端康成読書会へのお誘い

読書会で紹介された本一覧@第十八回大阪市民読書会

comment iconコメント ( 1 )

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

名前: - [Edit] 2015-06-21 18:15

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)