第十一回大阪市民読書会の概要が決まりましたのでご案内させていただきます。
今回取り上げる作品は織田作之助『夫婦善哉 正続 他十二篇』(岩波文庫)です。
http://www.amazon.co.jp/夫婦善哉-正続-他十二篇-岩波文庫-作之助/dp/4003118529

「織田作之助の代表作『夫婦善哉』に、2007年に新たに発見された『続 夫婦善哉』をあわせて『正続』とし、そのほか芥川賞候補作『俗臭』や自伝的作品『雨』あるいは伝説の棋士坂田三吉を主人公にした『聴雨』『勝負師』などおもに戦前・戦中期の代表的短篇14篇を収録。オダサク生誕百年記念の贈り物」(解説 佐藤秀明)

織田作之助生誕百周年というタイミングに合わせて、大阪を舞台にしたこの小説をみなさんと一緒に読めればいいなと思って課題本に選びました。短編集ですが、読書会では「夫婦善哉」とその続編を中心にお話できればと思います。(岩波文庫版でよろしくお願いします)

大阪歴史博物館の特別企画展「織田作之助と大大阪」も面白そうですね。(会期は9月25日~10月18日)
http://www.mus-his.city.osaka.jp/news/2013/odasaku.html

NHK総合のドラマ『夫婦善哉』は8月24日(土)午後九時から四週連続の放送です。
森山未來と尾野真千子が演じる柳吉と蝶子に興味があるので、見てみようと思っています。
http://www.nhk.or.jp/dodra/meotozenzai/index.html

読書会へのたくさんの方のご参加、お待ちしております。

日時:9月29日(日)午後二時より
場所:大阪梅田のカフェ
予算:各自の飲食代のみ
定員:12名程度

参加方法:下記の京都・大阪市民読書会のメールアドレス宛に件名「オダサク生誕記念読書会参加希望」で参加の旨ご連絡ください。

京都・大阪市民読書会のtwitter: @KyotoBookClub 
京都・大阪市民読書会e-mail: japanbookclub@gmail.com
京都・大阪市民読書会mixi: http://mixi.jp/view_community.pl?id=5491188
京都・大阪市民読書会blog: http://kyotobookclub.blog.fc2.com

ご質問などはツイッターでもミクシィでもメールでもお気軽にお問い合わせください。

読書会の初めに自己紹介の時間を設けさせて頂きます。そこで簡単に「課題本の全体的な印象」と「他の参加者に聞いてみたいこと」の二点をお話し下さい。それを念頭に置いて、参加者全員で気になるところを具体的に取り上げながら作品を辿り直していき、最後にもう一度作品全体についてお話できたらと思います。

部分と全体を往復しながら一冊の本を「共に」読んでいく作業は一人で読むこととは全く違った経験で、そんな風に一冊の本を誰かと共有できるのが読書会の醍醐味だと思います。

初参加の方も大阪市民でない方も大歓迎です。年齢も問いません。これまでの参加者も学生から主婦、会社員、十代から六十代までと幅広いので、自分は場違いではないだろうかなどとためらわず気楽にいらっしゃってください。本が好きな方々と素敵なひとときを過ごせるのを楽しみにしています。

注意:本会は異業種交流会や婚活パーティーの類ではないので(それらを否定するつもりはありません)、本を離れて他の参加者のプライベートを詮索することはご遠慮ください。

スポンサーサイト


第26回京都市民読書会の概要が決まりましたのでご案内させていただきます。
今回取り上げる作品は 多和田葉子『尼僧とキューピッドの弓』(講談社文庫)です。
http://www.amazon.co.jp/尼僧とキューピッドの弓-講談社文庫-多和田-葉子/dp/4062776014/ref=tmm_bunko_meta_binding_title_0


「ドイツの田舎町に千年以上も前からある尼僧修道院を訪れた「わたし」は、家庭を離れて第二の人生を送る女性たちの、あまり禁欲的ではないらしい共同生活に興味が尽きない。そんな尼僧たちが噂するのは、わたしが滞在するのを許可してくれた尼僧院長の“駆け落ち”という事件だった―。紫式部文学賞受賞作。」(講談社HPより)

朝日新聞に翻訳家の鴻巣友季子さんが書評を書いているので参考にしてください。
http://book.asahi.com/reviews/reviewer/2011071704540.html

たくさんの方のご参加、お待ちしております。


日時:9月8日(日)午後1時半より
場所:京都市内のカフェ
予算:各自の飲食代のみ
定員:8名程度
参加方法:下記の京都・大阪市民読書会のメールアドレス宛に件名「第26回京都市民読書会参加希望」で参加の旨ご連絡ください。

京都・大阪市民読書会のtwitter: @KyotoBookClub 
京都・大阪市民読書会e-mail: japanbookclub@gmail.com
京都・大阪市民読書会mixi: http://mixi.jp/view_community.pl?id=5491188
京都・大阪市民読書会blog: http://kyotobookclub.blog.fc2.com

ご質問などはツイッターでもミクシィでもメールでもお気軽にお問い合わせください。


読書会の初めに自己紹介の時間を設けさせて頂きます。そこで簡単に「課題本の全体的な印象」と「他の参加者に聞いてみたいこと」の二点をお話し下さい。それを念頭に置いて、参加者全員で気になるところを具体的に取り上げながら作品を辿り直していき、最後にもう一度作品全体についてお話できたらと思います。

部分と全体を往復しながら一冊の本を「共に」読んでいく作業は一人で読むこととは全く違った経験で、そんな風に一冊の本を誰かと共有できるのが読書会の醍醐味だと思います。

初参加の方も大阪市民でない方も大歓迎です。年齢も問いません。これまでの参加者も学生から主婦、会社員、十代から六十代までと幅広いので、自分は場違いではないだろうかなどとためらわず気楽にいらっしゃってください。本が好きな方々と素敵なひとときを過ごせるのを楽しみにしています。

注意:本会は異業種交流会や婚活パーティーの類ではないので(それらを否定するつもりはありません)、本を離れて他の参加者のプライベートを詮索することはご遠慮ください。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。